海を支える広葉樹林

雄勝町の面積の87%を占める山林。そのうち人工林のスギ、天然林の雑木林が半々の割合です。天然林の比率が高いのが、雄勝の山の特徴。雑木林にはナラとコナラが多く、秋には大量の落ち葉が山に積もります。そのため、雄勝の山は保水力に優れており、町内の各地に湧き水が湧いています。この湧き水には山の腐葉土の中でつくられたフルボ酸鉄や、植物の成長に必須の三要素が大量に含まれています。沢水を通して海に流れ込んだ養分は、海の植物プランクトンの栄養分となり、雄勝の豊かな海の食物連鎖の根底を支えているのです。 Icon cc by sa

波板の浜に流れ込む沢水(志鎌康平撮影)

石巻市雄勝町雄勝

雄勝の地形

フルボ酸鉄

|A-1004|石巻市雄勝町雄勝|登録者:石巻市

最終更新日:2016.05.30

属する資料室