メカブを食べるには手間隙かけて

ワカメの根本部分、生殖機能をつかさどるのがメカブ。数億個の胞子を内包している命の源でもあります。そのため、葉の部分よりも栄養価が高く、ミネラルも豊富。収穫したメカブは湯通しして、とろとろのものを新鮮なうちに食べるのが産地ならではの楽しみ。おかずいらずのごちそうになります。保存するときには、きちんと下処理をしておくことが大事です。メカブは、ねばねばして扱いにくいので、一度風に当てて乾かし、千切りにしてから冷凍しておくと一年中おいしく食べられます。 Icon cc by sa

栄養価が高いねばねばのメカブ

雄勝の食

|A-1050||登録者:石巻市

最終更新日:2016.05.18

属する資料室