ドンコ汁はふるさとの味

石巻市と合併する前、雄勝の町魚はドンコでした。それだけ雄勝の人々にとっては身近な魚なのですが、身が柔らかくいたみやすいため輸送に向かず、東北や北海道の産地から離れるとあまり知られていません。正式にはエゾイソアイナメと呼ぶこの魚。深海魚といわれていますが、沿岸で釣ることもできます。一目見ただけではとっつきにくい容貌をしていますが、食べてみれば、淡白な白身と、濃厚な肝のうまみがやみつきに。食べ方は、ネギや大根などと合わせて味噌汁にするのが普通。必ず肝を入れるのがポイントです。 Icon cc by sa

旧雄勝町の町魚だったドンコ(志鎌康平撮影)
肝を入れるのが肝のドンコ汁(志鎌康平撮影)

雄勝の食

|A-1057||登録者:石巻市

最終更新日:2016.05.18

属する資料室