写真家が見た風景

木村満さんは雄勝天然スレートの代表ですが、実は知る人ぞ知る写真家としての顔があります。写真好きな友人に触発され、14歳から撮り始めました。カメラにもこだわりがあり、次々と良い機材をそろえるようになったそうです。残念ながら今回の震災で、撮りためた写真も、機材もすべて流失してしまいました。雄勝の好きな風景は、大須・荒の海や峠崎から見た八景島など。天候や時間によって変わるその表情に魅せられてずっと撮り続けているそうです。黒い海面に荒れ狂う白波の立つ日があるかと思うと、トロッと静かで動かないエメラルド色の海面が美しい日もあります。また、日の出や夕映えに映し出される海の色も一様ではありません。 Icon cc by sa

写真家が⾒た雄勝の⾵景1(⽊村満撮影)
写真家が⾒た雄勝の⾵景2(⽊村満撮影)

雄勝の集落・まちなみ・風景

|A-1073||登録者:石巻市

最終更新日:2016.05.18

属する資料室