大原浜の御神木祭

大原浜では毎年建国記念日の2月11日に、家内安全・大漁満作・交通安全などを祈る御神木祭が行われます。まず最初に参加者全員による神社での祈祷祭。続いて独身の男女が円形に座り、太鼓に合わせて数珠を回し、隣の人に数珠をくぐらせようとする伝統的な風習「なめろうかめろう」が行われます。数珠をくぐらされた人はその年、良いご縁に結ばれるという言い伝えがあり、御神木祭でもっとも盛り上がる場面です。その後は、数十人の大人が部落を一周する山車引きがあり、御神木を最後に海に投げ入れて締めくくりとなります。山車の上では笛、太鼓、獅子が鳴り踊り、紅白の餅がまかれるなど大変にぎやかです。 Icon cc by sa

山車の上で舞う獅子

石巻市大原浜

牡鹿半島の暮らしといとなみ

祭り

|A-1127|石巻市大原浜|登録者:石巻市

最終更新日:2017.02.04

属する資料室