長面海水浴場

南三陸金華山国定公園の一角をなす北上川河口の南側には、かつて長面海水浴場や横須賀海岸と呼ばれていました。一万本以上あった松原の向こうには、2kmにわたって砂浜が続く海水浴場がありました。遠浅で波が穏やかな海岸は、夏になると家族連れなどで大いに賑わいました。海から昇る朝日と山に沈む夕日は多くの人たちに愛された景色でした。東日本大震災で甚大な被害を受けたことにより砂浜は水没しましたが、現在、復旧工事が進められています。 Icon cc by sa

かつては大勢の海水浴客で賑わった
長面海岸から見える海から昇る朝日

石巻市尾崎

これまでの暮らし

大川

|A-168|石巻市尾崎|登録者:石巻市

最終更新日:2016.03.05

属する資料室