白馬ヶ滝不動明王

仏教用語で浄土を願う修行者の最上位をあらわす「じょうぼん(上品)」に由来する古くから信仰されてきた上品山の中腹には、山にこもる修行僧が身を洗い清めたと伝わる、白馬ヶ滝があります。その滝に打たれ、幻想的な姿を見せるのが、白馬ヶ滝不動明王です。弘治元年(1555)に一翁禅師がこの不動明王を祀ったと伝えられています。これからも河北地域の人々の暮らしを静かに見守り続けます。 Icon cc by sa

上品山からの沢水が流れる白馬ヶ滝不動明王

石巻市三輪田

これまでの暮らし

二俣

|A-177|石巻市三輪田|登録者:石巻市

最終更新日:2016.03.05

属する資料室