大森 千葉正さん

大森地区は上品山の麓にある集落で、地域の生活は昔から「契約講」という結のなかで互助的な精神のもとで営んできました。山の一帯には戦国時代の大森城跡がありますが、私の祖先がかつて大森城主だったそうで、そのことを示す家系図は今も我が家に残っています。私が幼いころは、城跡の本丸部分は野球場くらいの広さの平地で、養蚕のための桑を育てたりしていましたね。山は段々畑になっていて麦や豆を育てていました。昔の人は丈夫だったのでしょうね。すべての作業が人力で、作物を背負って山を上り下りしていたのですから。上品山を流れる大森川にはたくさんの沢蟹がいて、獲ってみては、それこそ生で食べたりして遊んでましたよ。 Icon cc by sa

パーソナルパネル

河北

|A-218||登録者:石巻市

最終更新日:2016.04.01

属する資料室