北上川のヨシ原

北上川流域は多様な生物と清浄な水が豊かで、開放的な空間が広がっています。とくに、河北地区から北上地区にかけての北上川河口域には、日本でも数少なくなったヨシの群落「ヨシ原」が形成されています。ここで採れるヨシは良質の茅葺きの屋根材としても利用されています。北上川のヨシ原では、川面を渡る風がヨシのすれ合う音を誘い、風の強弱がいろいろな音色を醸し出し、それらが水鳥の鳴き声とも混じり合います。その美しさは『日本の音百選』にも選ばれたほどです。広大なヨシ原はオオヨシキリ、コヨシキリ、カルガモ、オオバンなど、野鳥の宝庫でもあります。特に冬枯れの季節、金色に染まる景色は見応えがあるものです。 Icon cc by sa

新北上川沿いに広がるヨシ原
冬になるとヨシが刈り取られる

石巻市 北上川

これまでの暮らし

二俣

|A-310|石巻市 北上川|登録者:石巻市

最終更新日:2016.03.05

属する資料室