北上町を代表する景観 ヨシ原

環境庁「残したい日本の音風景100選」にも選ばれた北上川河口のヨシ原は、生物にとって貴重な拠り所であり、北上町を代表する景観です。大規模な改修の後に、現在の流れとなった北上川の河川敷に徐々に形成されていきました。ヨシは屋根葺きや土壁、海苔簾(のりず)など様々な用途に活用されるようになると、商売で取り扱う業者も現れ、終戦後の一時期にはヨシ原からの収益で集会所を建てた集落もあったほどに経済的価値が高騰したそうです。かつては春に枯れたヨシを焼き払う「火入れ」や、冬に刈り取りなどの手入れが行われ、季節の風物詩になっていましたが、東日本大震災では大きく地盤沈下が起き、ヨシ原は大きく減少してしまいました。 Icon cc by sa

夕焼けのヨシ原

石巻市北上町橋浦

自然となりわい

自然

|A-322|石巻市北上町橋浦|登録者:石巻市

最終更新日:2016.03.17

属する資料室