アワビの開口

かつて十三浜地区ではアワビ漁は主産業のひとつで、腕のよい漁師は町へ出稼ぎに出ずとも一年分の収入が得られたといいます。アワビ漁は、船の上から箱めがねを使って海底のアワビを見つけ、鉤の付いた長い竹竿で採集します。昔は採集解禁の開口(かいこう)が一年間で15回を超えたこともありましたが、現在は密漁などで減ったアワビを保護するため、11月から1月頃にかけての数回となっています。開口の日には出稼ぎに出ていた人も多く十三浜に戻り、現在でも専業漁師でない住民たちも参加しています。子どもも学校を休んで参加するのが珍しくなく、ある40代男性は「小学生のとき、開口なのに学校に来ているのは逆に恥ずかしかった」... 続きを読む... Icon cc by sa

小指でのアワビ漁

石巻市北上町十三浜

自然となりわい

なりわい

|A-326|石巻市北上町十三浜|登録者:石巻市

最終更新日:2016.03.17

属する資料室