牡鹿半島の仮設商店街|おしかのれん街

鮎川浜にあるおしかのれん街は、物販を担うA棟と飲食を担うB棟からなる仮設商店街で、2013年11月18日にオープンしました。建物は石巻において様々な支援活動を行っていたNPO法人ジェン(JEN)が建設し、石巻市牡鹿稲井商工会に寄贈したものです。おしかのれん街では、入居する商店主らとボランティアが一丸となってデッキを作ったり、外壁を塗装したり、時にはF-1グランプリ(復興グルメグランプリ)といったイベントを誘致して牡鹿半島に来訪する観光客をもてなしています。鮎川浜では現在も捕鯨漁業が行なわれているため、調査捕鯨等で捕獲された鯨の肉や加工品、鯨の歯を使った伝統工芸品等のお土産も販売されています。 Icon cc by sa

おしかのれん街B棟の内観

石巻市鮎川浜

暮らしとなりわい

飲食

|A-380|石巻市鮎川浜|登録者:石巻市

最終更新日:2017.02.06

属する資料室