復興にむけた自然歩道|みちのく潮風トレイル

みちのく潮風トレイルとは、環境省のグリーン復興プロジェクトのひとつで、青森県八戸市から福島県相馬市にかけて整備されるロングトレイルコースのことです。トレイルとは、森林や原野、里山などの「歩くための道」を意味し、歩くスピードで旅することで、車の旅では見えない風景、歴史、風俗や食文化などの奥深さを知り、体験する機会を提供するもの。
牡鹿半島では万石浦〜荻浜エリア〜旧牡鹿町エリア〜金華山〜網地島〜田代島〜石巻港へと続くコースが2016年に開通します。さまざまな自然との邂逅や地元住民との温かなふれあいを通じて、人と自然、人と人との繋がりを感じられるトレイルを目指しています。
Icon cc by sa

みちのく潮風トレイルであることを示す仮の印

牡鹿半島

暮らしといとなみ

自然

|A-382|牡鹿半島|登録者:石巻市

最終更新日:2016.04.01

属する資料室