万石浦

牡鹿半島の付け根に穴を開けたような形をした万石浦は、石巻市と女川町とにまたがる海跡湖。古くから「奥の海」と呼ばれる景勝地として有名で、半島の山々に囲まれた景色は一見の価値があります。水深は最も深いところでも3m程度と浅いため、干潮時には潮干狩り場として多くの人で賑わいます。また、牡蠣や海苔などの養殖も盛んで、万石浦で生産された稚貝は日本全国の牡蠣養殖場の種牡蠣として出荷されています。万石浦の非常に豊かな水産資源はそれだけではありません。万石浦内にはアマモ場も発達し、カレイ類やメバルをはじめとする石巻湾の漁業を支える水産資源の保育場でもあるのです。 Icon cc by sa

万石浦

暮らしといとなみ

|A-642||登録者:石巻市

最終更新日:2016.06.03

属する資料室