飯野川地区(旧飯野川町)

1889年(明治22)4月1日、町村制施行にともない、相野谷村・皿貝村・中島村・中野村・成田村・馬鞍村が合併して飯野川村が発足しました。その後、1901年(明治34)に町制施行によって飯野川町となり、1955年(昭和30)3月21日には、大川村・大谷地村・二俣村と合併して河北町となりました。合併前の飯野川地区には7,200人が住んでいたそうです。江戸時代には代官所が置かれる等桃生郡の行政の中心でした。以後、明治時代中盤以降には桃生郡役所が置かれ、旧河北町に合併した後も河北町役場、宮城バス飯野川営業所、また商店街もあり、地域における行政と経済の中心として発展してきました。 Icon cc by sa

仙北鉄道飯野川営業所(昭和30年代)

石巻市相野谷

これまでの暮らし

飯野川

歴史

|A-649|石巻市相野谷|登録者:石巻市

最終更新日:2016.05.30

属する資料室