大谷地地区(旧大谷地村)

河北地域は大きく分けて飯野川、大川、二俣、大谷地の4つの地区に分けることができます。大谷地の由来である旧大谷地村は、1889年(明治22)4月1日の町村制施行にともない、小船越村・飯野村が合併して発足。その後、1955年(昭和30)3月21日に、飯野川町・大川村・二俣村と合併して河北町となりました。
合併前の大谷地地区の人口は5,103人。大谷地村は名前のとおり谷地であり、北上川の恵みとともに水害にしばしば苦しめられてきた地域でもあります。明治、大正、昭和の各時代には治水工事が行われ、現在は肥沃な大谷地耕土と北上川の恩恵を受けた広大な田園地帯が広がっています。
Icon cc by sa

昭和30年代の追波川と川の上

石巻市小船越

これまでの暮らし

大谷地

歴史

|A-651|石巻市小船越|登録者:石巻市

最終更新日:2016.05.30

属する資料室