飯野川可動堰

北上川は過去に幾度となく洪水・氾濫に見舞われてきた川ですが、地域の産業・経済・文化の発展にも大きな役割を果たしてきました。1911年(明治44)には北上川第一期改修工事が着工され、その一環として飯野川可動堰が河口から14km地点に7年の歳月を要して1932年(昭和7)に完成。以来、50年間に渡って旧北上川への分流、かんがい用水の確保、河床の安定、塩害防止等、治水および利水の機能を担ってきました。飯野川可動堰は当時の我が国の土木技術の粋を集めて造られたもので、東洋一のローリング堰とも言われていました。現在、国土交通省東北地方整備局北上川下流工事事務所飯野川出張所構内には、飯野川可動堰のゲー... 続きを読む... Icon cc by sa

昭和30年代の飯野川可動堰

石巻市

これまでの暮らし

飯野川

施設

|A-653|石巻市|登録者:石巻市

最終更新日:2016.05.30

属する資料室