大立目氏墓地

明和6年(1769)前領主葛西清興が失脚した後をうけて、1775年(安永4)大立目盛行が、相野谷村を拝領して領主となり、元葛西氏居館(現飯野川小学校の場所に)屋敷を構えました。家格は一族にして、禄高は1,000石あり、家中は25人いたといわれています。成篤、盛篤、清篤、充信を経て教篤に至って明治維新となり大立目氏の治世は終わりました。大立目氏の治世は93年にわたりましたが、その治世について伝えられている者は少ないです。これは領主をはじめ上席の武士たちが明治維新後、多くはこの土地を去ったことによると考えられています。大立目氏の累代の墓は飯野川の市神社の付近にあり、飯野川のひとは、古くから御... 続きを読む... Icon cc by sa

石巻市相野谷

これまでの暮らし

上品の郷

|A-666|石巻市相野谷|登録者:石巻市

最終更新日:2016.05.30

属する資料室