鹿嶋神社(ビール神社)

白浜地区にある鹿嶋神社は、お神酒として日本酒ではなくビールをお供えするという変わった風習から「ビール神社」と呼び親しまれています。言い伝えによると、米が不作だった年に麦で作ったお神酒をお供えしたところ豊作となり、その後お米が豊作になった年にお米のお酒をお供えしたところ、不漁不作のうえ悪い病気までが流行ったため、再び麦のお神酒に戻したのだそうです。なお、酒造法が制定されてからは、お神酒が麦酒から市販のビールに変わりました。白浜海水浴場を望んで建っていた鹿嶋神社は東日本大震災の津波で流出してしまいましたが、現在は鮮やかな朱色の社殿を思い起こさせる土台の残る神社跡に、小さな仮の社が祀られています。 Icon cc by sa

鹿嶋神社の仮の社

石巻市北上町十三浜

暮らしと記憶

文化

|A-833|石巻市北上町十三浜|登録者:石巻市

最終更新日:2016.05.16

属する資料室