丸ごと味わうタコ


雄勝近海で獲れるタコはマダコとミズダコ。どちらも、餌の入ったタコかごという道具を海底に沈めて、入ったタコを獲るスタイルです。マダコとミズダコの違いは、その質感と大きさ。ミズダコは名前の通りみずみずしくて身が柔らかいのが特徴で、重さは10kg、人ほどの大きさもめずらしくありません。それに比べてマダコは身が締まり、大きさも片手で持てるほど。スーパーでは足だけで売っているタコも、ここでは丸ごとに出合えます。茹でて刺身にするのが普通でしたが、最近は生や軽くあぶっただけでつくる刺身、カルパッチョなどにして食べるのも人気です。
Icon cc by sa



船越で揚がったタコ(志鎌康平撮影)Icon cc by nc nd

前のページへもどる